一般社団法人 湘南くらしのUD商品研究室
HOME
メディア
Universal Design
 
 
暮らしに貢献する商品 UDウォッチングで感じる新たなモノづくりの視点。
そばに置きたい
メディア展開

メディア展開

2012年6月

「オヤノタメ商品ヒットの法則」

 

「オヤノタメ商品ヒットの法則」(集英社刊)の出版を機にさまざまなメディアに取り上げられた。

2012年7月

・7月23日付の繊研新聞の書評「先読み、深読み」に掲載。

 

・日刊工業新聞「著者登場」の欄にSUDI代表今井啓子のインタビューが掲載される。

 

・7月24日付の読売新聞の家庭欄「ぷらざ」に紹介。

 

・7月26付朝日新聞ウェブ、上間常正氏の「ファッションノート オヤノタメ商品とは?ユニバーサルデザインに

 注目」と題して、掲載される。

2012年8月

・8月3日付の日経MJにて紹介される。

 

・8月14日付の繊研新聞「シニアが創る新市場/流通/潮流」にて紹介される。

 

・8月17日付日経トレンディネット「トレンドフォーカス」にて紹介。

 

・8月29日付毎日新聞「くらしナビ」にて、「シニアのお洒落心得」として紹介される。

 

・9月2日付産経新聞、島田雅彦氏の書評「進化を決める消費者批評」と題して紹介される。

 

・9月22日付婦人公論の書評欄にて、「ヒットビジネスから読み解く、シニア層の本音と希望」として紹介される。

 

・9月23日付毎日新聞「時代を着る」にて、「シニアのお洒落」として紹介される。

2012年10月10日

・オンエアの日経ラジオ「集まれ!ほっとエイジ」に、SUDI代表今井啓子が出演。

 「オヤノタメ商品ヒットの法則」の本をはじめ、SUDIの活動やビジョンを語る。

2012年11月

・11月2日付の朝日新聞「生活55プラス生活用品、使いやすく」コーナーにSUDI鈴木弘恵の活動の模様や、

 「オヤノタメ商品ヒットの法則」、SUDIのサイトなどが紹介される。

2012年12月

・町亜星氏のブログにてSUDIの活動と「オヤノタメ商品ヒットの法則」が紹介される。

2013年1月

・東海大学出版会の雑誌「望星」2月号に「オヤノタメ」商品ヒットのキーワードについて、

 SUDI代表今井啓子のインタビュー記事掲載。

2013年2月

・「クロワッサン」2月25日号に「オヤノタメ商品ヒットの法則」の紹介と今後のSUDIの活動についての

   SUDI代表今井啓子のインタビュー記事掲載。

2013年4月

・「日経ビジネス」4月8日号にて「健やかな美の伝道師」と題し、SUDI代表今井啓子のキャリアと哲学が掲載される。

2013年5月

・「Goods Press」6月号にSUDIメンバー(多田茂樹、柳原美紗子、金井敏代、島田ひとみ、宮園真理、吉田礼子、

   鈴木弘恵)が、「父の日・母の日の贈り物大全」特集にて親におすすめのプレゼントを紹介。

2013年7月

・自由民主党発行雑誌「りぶれ」の取材。8月発行誌に暮らしを楽しく豊かにするためのSUDIの活動が掲載される。

2013年12月

・日経記者クラブ会報の「今年の1冊」に「オヤノタメヒットの法則」が選出される。

2014年1月~

・朝日新聞の日曜コラム「そばに置きたい」にSUDI鈴木弘恵が3週毎に執筆開始。

2014年5月

・「アイフォーレ」春夏号にSUDI代表 今井啓子による、ポジティブシニアに向けたユニバーサルデザインの考え方と

   SUDIの活動内容が掲載される。

2014年6月

・6月10日発売「クロワッサン」の特集「100の生活用品」にてSUDI鈴木弘恵の推薦商品掲載。

2014年9月

・MXTV「深堀り」の「おしゃれを楽しむシニアファッション」特集にて日本橋三越本店シニア向け売り場

  「リ・スタイルレディ」が紹介され、SUDI若松暁子が発言する。

2014年12月

・アイフォーレカタログへSUDI紹介依頼があり、2015年春号に掲載。

 

・12月27日付の毎日新聞「暮らしなびスタイル」欄に2014年10月に開催されたユニバーサルファッションフェスタでの

 SUDI代表 今井啓子のコメントが掲載される。

2015年5月

・5月10日付「日本経済新聞」が、書評欄に「今を読み解く」本として「オヤタメヒットの法則」を紹介。

2015年8月

・「婦人之友」9月号特集「モノがかわれば社会が変わる?デザインの社会学」の座談会にSUDI鈴木弘恵が出席、

   デザインと社会とのつながりについて発言。同誌に記事が掲載される。

2016年2月

・「COTTON PROMOTION 2016 WINTER 526号」にSUDI柳原美紗子が、ユニバーサルファッションへの

   アプローチ記事を寄稿。

UDファッション
共同開発
TOP